町民運動会

運動会続きですが、次は自分の番
武雄町民が集まって 地区に分かれて競争です
e0068864_1212146.jpg

こういう地区の運動会に参加するのは 子ども会以来かな?

我が西浦地区は 他と比べ高齢の方が多く、30代の私は、年齢制限、男性の競技意外はほとんど出場。

でも、他の地区 特に温泉街の部落は同じ状態で
「あっ またですね~」
と何度も同じ方と対戦したり・・・。
応援席からは年配の方々からの熱い声援をいただきました。

出場するたびに商品がいただけて、気づいたらこんな状態(笑)
e0068864_18322811.jpg

主婦には嬉しい家庭用品ぞろい!!

この町民運動会に参加して、又 武雄のよさを知りました。
都会では 味わえないぬくもりのある運動会でした。
[PR]
# by hi-yuko616 | 2006-10-10 19:12

ヒト ヒトリ

オゾン全量過去最少
佐賀新聞の28面に載っていました

どうせ載せるならトップ一面に載せたらいいのに・・・
それほど危機感を持たせてもいいのに・・・
e0068864_1237332.jpg


と私は思いました。

動物としてのヒトの在り方、動物社会で果たす義務と責任。

ヒト意外に話せる生き物がいたらどれほどの苦情を言われることでしょう。
私も、嘆いているだけじゃなく 一人のヒトとして出来ることを見つけてみようっと。
[PR]
# by hi-yuko616 | 2006-10-06 12:30

運動会から帰りました

e0068864_19185920.jpg
行ってきました。
運動会。
今年の年長さんは0歳児クラスで担任をさせてもらった子どもたち。
「寝返りできるようになりましたね~!」
「今日は3歩 歩けましたよ!!」
とか 毎日 お迎えの保護者の方と話していたのが懐かしい。
応援に来られてた子どものおばあちゃんに久しぶりにお会いし、
「大きくなられましたね~」
『そうでしょう、もう 走ってるだけで、そこに元気にいるだけでいいんですわ~』
二人して涙ながら 思い出話をしていました。
ここのお孫さんは双子ちゃんで1000gをきって生まれたので、今まで心配もおおかったことでしょう。

もう大丈夫。

たくましい みんなを見て 私も元気をもらいました。
[PR]
# by hi-yuko616 | 2006-10-04 19:04

運動会へ

e0068864_17205011.jpg

2年前の運動会。
現場で楽しみました。
保育士の頃、一番好きな行事でした。
勝っても負けても・・・。
上手くいっても いかなくても・・・
みんなのイキイキしている姿
それだけでみんな楽しいのです。
         爽やかなのです。

今年の運動会に行って来ます。

 天の神様~
どうか みんなを応援してください☆
[PR]
# by hi-yuko616 | 2006-09-28 17:21

壁面 マジック

時々ある施設の子ども部屋の壁面を作ります。
e0068864_19525960.jpg

親と別れてちょっぴり不安を抱きながら入る子どももいるだろう部屋。
一歩踏み入れて ホッと出来る ワクワク出来る
不安を期待に変えられる・・・。

そんな 部屋で迎えてあげたい。
壁面でちっちゃなマジックが起きたらいいな。
e0068864_1953115.jpg

[PR]
# by hi-yuko616 | 2006-09-27 11:06

THE KING'S SINGERS

e0068864_110783.gif
(キングズシンガーズ)
イギリスはケンブリッジのキングズ・カレッジ聖歌隊出身者が1968年に結成した、男性6名による声楽アンサンブル。ルネサンスのポリフォニーから最新ポップスまで幅広いレパートリーを持つ

実は昨日 出会いました。
主人の学生時代からのお友達が 
「これいいよ」
とCDをプレゼントしてくれました。
     ~WATCHING THE WHITE WHEAT~e0068864_1104590.jpg


「これはいい」

軽快で、心地よい・・・
知らない間に 体が揺れてる。
そして、どこか懐かしいような。

澄み切った秋の青空にピッタリです。
[PR]
# by hi-yuko616 | 2006-09-25 10:41

三樹参り

武雄の三樹

塚崎の大楠
武雄の大楠
若木の大楠

「さるいて 三樹をまわらんね~!」の企画。
e0068864_11454876.jpg

今回は夫婦で参加。
秋空のもと 12キロを歩きました。

大楠の素晴らしさはもちろんですが、普通にそこにある風景が素晴らしい。
出会う人が温かい。

そして 若木にたどり着いて 待っていてくれた長寿食の昼ごはん。

あぁ~幸せ・・・。

普段 当たり前にそこにある幸せを 改めて 実感したのでした。
[PR]
# by hi-yuko616 | 2006-09-24 11:41

㋥-㋩㋔

瀋陽に行ってました。
3泊4日。

初日、故宮にて急にカメラが壊れてしまいショック・・・。
この旅はじっくり中国を自分の目でみて!!と言われたと思って立ち直る私。

旅の目的は
「昭和17年,旧満州国の実業家・野中忠太氏の提案で満州国の婦女子に日本の婦道を教える目的で創設された「清香奨学会・如蘭塾」の当時の塾生を訪ねる」
こと。

e0068864_1741397.jpg


瀋陽には当時の一期生が4名そのご家族が来られ懇親会が開かれました。

戦時中、満州国から留学生を受け入れるということ、
すごいことなんだろうなぁ~・・・
改めて武雄の底力を感じました。

皆さんで刻んだ時間と 思いにしみじみ・・・。
[PR]
# by hi-yuko616 | 2006-09-21 17:04

ロケ隊たすけ隊員

昨日 武雄市は「がばいばあちゃん」のオーデションで賑わいました。
そして、地道に裏方ボランティアスタッフ集めをしていた ロケ隊たすけ隊員たち。

初めて会う人3人を含めて6人の隊員。
e0068864_20245426.jpg

夜は 初日を終え、ひとまず打ち上げ!

普段は仕事バリバリのカッコイイお姉さん達も
「武雄ってイイ」
「武雄で結婚する」
「武雄って面白い」
「まちづくりって面白い」
「何かしてみたい」
・・・・・
熱く語りました。
いろんなところで がばい物語が始まっています。

嬉しい出会い、ワクワクする期待に 
改めて武雄に来て良かった~と思えた夜でした。
隊員の皆さん ありがとう♡
[PR]
# by hi-yuko616 | 2006-09-04 20:21

八人の侍+うちの旦那さん

「家にお客さんが8人も!」
電話を受けたのは夜の10時半。

そこから始まったドンチャン騒ぎ。

でもこれは、ただのドンチャン騒ぎではないのです。

「これから始まるぞ!」
って言う 「がばいばあちゃん」にかけた男達の結集。
e0068864_1536066.jpg
 
さあ、始るぞ!

ベロンベロンになりながらも、皆さんの目はキラキラしてましたよ。
[PR]
# by hi-yuko616 | 2006-09-02 15:21

子どもがえり

8月最終日。

子どものころは
「大人はいいな~
 宿題 無いんやもん!」
って思っていました。

あと、予防接種の日とテストの日も同じことを考えていたような・・・。
e0068864_1424222.jpg

明日から新学期。

時間に縛られていない今、子どもにかえって
秋を迎えてみようかな。

少しワクワクするような そんな夏の終わり。
[PR]
# by hi-yuko616 | 2006-08-31 13:59

スダチ de サンマ

秋刀魚の季節がやってきました!!

そして、遥々徳島から酢橘の荷物がやってきました!!!

今夜は迷わず 焼き魚定食!

土鍋でご飯を炊き(3日前 主人に教わったので)
秋刀魚を焼き
大根をおろし
スダチをしぼり
e0068864_21505241.jpg


あぁ~ 日本ってイイ 
[PR]
# by hi-yuko616 | 2006-08-29 21:48

Y親子

Y親子。
家の玄関外の鉢の影に住んでいる。

時々ばったり出くわすと、すごい勢いで階段を駆け下りる。
器用に一段ずつ。
その姿 ちょっと可愛い。
そんなに、焦らなくても・・・。
実はこっちのほうが 焦っていることも知らない。

お互い焦るのは もう やめよっか。
と思うけれど、Y親子との距離は縮まらない。
 
家の守り主。
e0068864_9343019.gif

[PR]
# by hi-yuko616 | 2006-08-27 22:47

「白いうた 青いうた」 フェスティバル in 武雄

今日はプラムというコーラスグループに飛び入りで入れてもらい
フルートを吹きました。

作曲家 新実徳英先生。
先生の作られた歌を集めた今回のフェスティバル。

先生は親と同じくらいの世代ですが、どの曲もどこか懐かしいと思えるメロディで、心地の良いものばかりでした。
e0068864_1855525.jpg

肝心なフルートのできはイマイチでしたが・・・
先生にお会いできたこと
今日またステキな歌にであえたこと
プラムの皆さんと歌えたこと
ピアニスト青江さんと協演できたこと

フルート役の肩の荷が降りたことで、
今わたしはイイ気分なのです。
   ホッ!
[PR]
# by hi-yuko616 | 2006-08-27 18:50

姪っ子 ジュリアちゃん

カナダの姉からのメール。

『ジュリアの話。夜中に少し冷えてきたので布団をかけにいきました。部屋に入るとじゅりあはおきていて、ベットの上で逆立ちをしてました。もうおかしくって。
でもこれを目撃したのは一度ではないので、きっと夜に目がさめたときはやっているのでしょう。
変な子を産んだもんだ。』

ジュリアには、こんな感じの話が絶えない・・・。

3つ上のお兄ちゃんルークや、近所のお兄ちゃんたちが登れないりんごの木に登って、りんごをもぎ取って食べている。木の下のお兄ちゃん達にりんごを取って上から配っている。

などなど・・・。
ジュリアは6月で4歳になったところ。
e0068864_11225239.jpg

彼女は将来何を目指すのだろうかと、ついつい期待してしまう。
が、このままみんな元気にすくすく大きくなって欲しい、それだけでいいのです。
[PR]
# by hi-yuko616 | 2006-08-26 11:11